長岡レディースクリニック|長岡市 新保の産婦人科。不妊治療・乳がん検診

  • HOME
  • 不妊治療費助成制度について
不妊治療費助成制度について

(令和3年1月より一部改正されました)

新潟県不妊に悩む方への特定治療支援事業のご案内
(令和3年2月版)

令和3年1月1日以降に終了した治療から助成が拡充されます。
*令和2年12月31日までに終了した治療については、変更ありません。

令和2年12月31日までに終了した治療
【所得制限】
730万未満(夫婦合算の所得)
【助成上限】
1回15万円(初回のみ30万円)
(治療ステージC、Fは7.5万円*)
【助成回数】
生涯で通算6回まで
(40歳以上43歳未満は3回)
【助成の対象となる夫婦】
法律上の婚姻をしている夫婦
令和3年1月1日以降に終了した治療
【所得制限】
所得制限廃止
【助成上限】
1回30万円
(治療ステージC、Fは10万円*)
【助成回数】
1子ごと6回まで
(40歳以上43歳未満は3回)
【助成の対象となる夫婦】
事実婚も対象

*初回申請及び初回申請の治療開始日から1年の間に治療が終了したものは、125,000円が上限額となります。

対象年齢(妻の年齢が43歳未満)に変更はありません。

●特定不妊治療とは
特定不妊治療とは不妊治療の中でも特定不妊治療(体外受精・顕微授精)は治療費が高額で経済的負担が重いことから各自治体がその治療費の一部を助成し、負担を軽減する目的で行われている制度です。
長岡レディースクリニックは、新潟県の特定不妊治療助成制度の指定医療機関です。

新潟県の場合
市町村独自で不妊治療の助成を実施している場合があります。
地域により差がありますので、詳しくは当院窓口または各市町村にお問い合わせください。

●助成の対象

  1. 「体外受精」「顕微授精」「凍結融解胚移植」
  2. 指定医療機関において、特定不妊治療を受けていること
  3. 特定不妊治療以外の治療によっても妊娠の見込みがないか、少ないと指定医療機関の医師に診断された夫婦であること
  4. 妻の年齢が43歳未満の夫婦(事実婚も今回から対象になりました)

●助成額
  1. 助成の上限額;1回30万円(*一部10万円;C,F)
  2. 助成回数;一子ごと6回まで(40歳以上43歳未満は3回まで)

*以前に凍結した胚を融解して胚移植を実施した場合(C)
 採卵したが卵が得られない、または状態の良い卵が得られないため治療を中止した場合(F)

●所得の制限
所得制限は廃止になりました

●その他
国の制度改正により、一部の治療区分に対する助成額が変更になる可能性があります。
詳しくは新潟県ホームページ(http://www.pref.niigata.lg.jp/kenko/1196266576268.html)をご参照ください。